未来の地球のために行動する企業 アクトエンバイロメント

地球環境保全のための技術 これを広げることで社会に貢献します

アクトエンバイロメントは、新開発の特許技術を活用した「有機汚泥の脱水燃料化」「無機汚泥の脱水」事業を中心に、この他、海水淡水化プラント・水処理プラント・ゴミ処理プラント・高性能ボイラー他・エネルギー消費抑制装置等の開発及び販売を通じて、社会に貢献して参ります。

例えば、下水汚泥に関しては、炭化による燃料化、再資源化が一部で行われていますが、問題点として燃料を造るために、得られる資源以上に資源を使ってしまっている現状があります。この高熱による乾燥では有機物が一部燃えてしまい、2,000kcal/kg程度の低熱量・低品位燃料しか製造することはできません。一方当社が推進する技術では、工場排熱などを活用し効率よく高含水率の有機物を脱水、3,500kcal/kg以上の高品位燃料を製造することが可能となります。

結果、下水道汚泥を再資源化することで、下水道網を資源回収システムとして機能させることができます。更には家庭の生ごみもディスポーザーを活用して資源化することが可能となります。

この他、日本国内外、世界で問題となっている高含水率汚泥の処理、ゴミ処理、水処理、悪臭に対応し、さまざまな技術で問題解決を提案して参ります。